■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン —— 4,400円

今すぐ購入
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン —— 4,400円

今すぐ購入
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン —— 4,400円

今すぐ購入
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 100%新品,新品

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 100%新品,新品 —— 4,400円

今すぐ購入
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 品質保証,正規保証

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 品質保証,正規保証 —— 4,400円

今すぐ購入
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 新作,定番

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 新作,定番 —— 4,400円

今すぐ購入
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 送料無料

アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 送料無料 —— 4,400円

今すぐ購入
とにかく濃厚!! 『スペインのペトリュス』 『テンプラニーリョ・マスター』 などと数々の異名を持つ、スペインの土着品種をこよなく愛する『ペスケラ』。 以前、タカムラにもご来店下さいました♪ 日頃、どこに行くにも、自身のテンプラニーリョしか飲まない、という、当主アレハンドロ・フェルナンデス氏が、な、なんと! 白ワインを、1種類だけ 、造ってるんです!! 『エル・ビンクロ』というワインの、『パラヘ・ラ・ゴロサ』という区画、 樹齢80年のアイレン種 で、ステンレスタンクで発酵後、 アメリカン・オークで24ヶ月 もの長期熟成をさせています。 これほど長く熟成をさせているスペインの白ワインは なかなかありません 。 その分、味わいは、 非常に濃厚!! 土着品種を大切に表現しよう、と、長年試行錯誤の結果うまれたワイン。 『アレハイレン』の由来は、アレハンドロ氏の名前+アイレンを組み合わせたようです(笑) 長らく入荷がなかったのですが、この度、 待望入荷しました〜! とにかく濃厚なの で、期待して飲んで下さい!! 金色に輝く白ワインで、 力強い芳香 が広がります。 香りは複雑で豊潤 であり、クローヴやカレー粉のようなスパイシーな特徴も感じられます。 味わいはドライフルーツ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、カシューナッツがいっぱいに詰まり、 多様な熟した果実 と共に溢れます。 アレハイレンは 奥深く、濃厚で温かい味わい です。アメリカ産の樽からくる品のあるタンニンは、 ほろ苦さと甘さをもつヴァニラ も感じさせます。 フィニッシュにはスパイシーさやトーストの特徴が余韻長く続きます。 特徴ある独創的なワイン で、白ワインの個性と赤ワインのエッセンスをもち合せた 特別なワインです 。 (輸入元資料より抜粋) ■ワイン名(原語)/Alejairen Crianza Alejandro Fernandes ■ブドウ品種/アイレン100% ■生産者名/アレハンドロ・フェルナンデス ■産地/スペイン/カスティーリャ・レオン州/サモラ県 ■内容量/750ml 『スペインのペトリュス!』 と、ロバート・パーカー氏が絶賛! 不屈の精神で造る!! 今、世界で最も勢いのある造り手も多いと言える、スペイン。 『ベガ・シシリア』のような、伝統ある造り手が君臨しているかと思えば、まだ新しい造り手が、彗星のように現れたり…。 『テルモ・ロドリゲス』のように、独自のスタイルで、スペインの貴重な畑に新たな息吹を吹き込んだり、各々のスタイルは違えど、確固たる信念の元、高品質のワインを生み出しています。 そんな、スペイン・ワインの今を造る 元祖 となった1人が、今回ご紹介する『ペスケラ』のアレハンドロ・フェルナンデス氏である事は、間違いないでしょう。 『ペスケラ』の名を知っていても、『ペスケラ』について、そして、アレハンドロ・フェルナンデス氏について、よくご存知の方は、意外と少ないのでは。 当時まだ、『ベガ・シシリア』以外の高品質ワインが無かったワイン産地『リベラ・デル・ドゥエロ』で、 『最高の赤を造る!』 という、 夢を実現 するために、 1人の男が立ち上がりました。 彼は、その夢の実現のため、畑で働き、修理工になり、大工、農業機械の販売もしたそうです。 先駆者の苦労をものともせず、こうした経験から、ワイナリー経営に必要な様々な知識を得て、40代にして、ようやく、若い頃からの夢であった、ワイナリーのオーナーとなるのです。 ようやくつかんだ、夢の一歩。ですが、1975年の初リリースでは、今の品質に遠く及ぶものではありませんでした。 そして、やはりここでも、夢の実現のため、 不屈の精神 で、高品質ワインを目指し、改革を続けていきます。 やがて、彼の手掛けたワインが、 ロバート・パーカー氏 に、 『スペインのペトリュス』 と、絶賛され、世界中の人が注目、リベラ・デル・ドゥエロのポテンシャルをまざまざと見せ付けたのです。 そう、そのワインこそがペスケラ、そして、その、 『情熱の塊』 のような男こそが、アレハンドロ・フェルナンデス氏なのです! 今、リベラ・デル・ドゥエロが、これほどに高品質ワインの産地として知られるのも、彼の生涯を掛けた挑戦があったからこそ。 だから、スペイン・ワインを愛する人にとって、ペスケラは、絶対に欠かせない存在であり、アレハンドロ・フェルナンデス氏は、スパニッシュ・ドリームを叶えた、偉人的存在なのです。 かつて、安ワインの産地として知られていた、スペインが、今、こうして、世界的に高く評価されるワインを生み出すようになったのも、 彼の功績 が、どれだけ大きな役割となり、多くの造り手を勇気付けたか、お分かり頂けたでしょうか。 そんなアレハンドロ・フェルナンデス氏が、辛い時代も、そして今も、決して思いを曲げなかった事があります。 それは、 スペインの誇る品種『テンプラニーリョ』 に拘り続ける事。 そう、時代がカベルネを求めても、その方が認められやすくとも、彼は、リベラの土地とテンプラニーリョの可能性を確信し、このスペインの誇る品種に拘り続けたのです。 そんなペスケラ、そして、リベラ・デル・ドゥエロを知り尽くしたアレハンドロ・フェルナンデス氏が、ペスケラに続きリリースした、アサが入荷しました! 1975年の初リリース以来、70歳を超えた今でも、精力的にワイン造りに取り組む、アレハンドロ・フェルナンデス氏。 数年前、来日時にお会いした際も、 驚くほどのエネルギッシュさ 、情熱溢れる話しぶりがが印象的でした。 ロバート・パーカー氏は、彼のワインを今でも高く評価しています。 勿論、氏の事を、そして、ペスケラの誕生にまつわる秘話を知らなくても、ペスケラの美味しさは変わらないかもしれません。 でも、『ペスケラ』や、『アサ』の中に、1人の男が、 生涯を掛けて叶えた夢の結晶 が入っていると知って飲めば、それは、飲み手にとっても、ちょっと嬉しい時間の過ごし方ではないでしょうか。 傷心の時、このワインを飲めば… アレハンドロ・フェルナンデス氏に 『負けるな、夢は叶う!』 と、言われているような気になるかも(笑) スペイン・ワインの歴史に、この1本あり!
アレハイレン クリアンサ 2014 アレハンドロ フェルナンデス 白ワイン 最新作,送料無料

アレハイレン クリアンサ 2014 アレハンドロ フェルナンデス 白ワイン 最新作,送料無料 —— 3,100円

今すぐ購入
2本限定! 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が立て続けに… 『96点、97点、99点!』 という高評価をし… 『ワインの世界をこれまで以上に面白くする!!』 と大絶賛し、鳴り物入りで登場した《エル・ニド》と、セカンドワイン的な位置付けの、《クリオ》が同時入荷! 年一回で割当ため、 極少量づつ しか入荷しません(涙) 無くなる前にお買い求め下さい! ■生産者のコメント■ モナストレルの 樹齢は60年以上 。 濃密なパープル。 はちきれんばかりのアロマからは ブルーベリー、ボイズンベリー、 刻みタバコ、リコリス、ヴァニラビーンズ を感じる。 ジューシーで広がりがあり、堅牢なストラクチャーを持っており、 砂糖漬けした黒系果実の力強いフレーバー 、そこに 官能的なアジアンスパイスのニュアンス が溶け込む。 フィニッシュは巨大で印象的な程に長く、 ボイズンベリーとスパイスのノート がいつまでも反響しあっていく。 INFORMATIONNameEl Nido EL NIDOブドウ品種カベルネ・ソーヴィニョン70%/モナストレル30%生産者名エル・ニド産地スペイン/フミージャRegionSpain/Jumilla内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロバート・パーカー氏も絶賛! 『ワインの世界を これまで以上に面白くする !』 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が… 『96点!』 という高評価をし… ■ ロバート・パーカー氏の評価 ■ ・『 びっくりする程、凄い 』 ・『 なんとしても 味わわなくてはいけない』 ・『 ワインの世界をこれまで以上に面白くする !! 』 と大絶賛したという、 鳴り物入りで登場した スペインの 新スター《エル ニド》! その後も… 2003年物:97点 2004年物:99点 という高評価を獲得! 彼らの 実力が本物 であることを証明した訳ですが、あの スペイン3ツ星レストラン《サン・パウ》 でもオンリストされるなど、 《ウニコ》 や 《レルミタ》 、 《ピングス》 などと共に、スペインの最高峰ワインの1つとして、世界から認められる存在となってます。 そんなワインを造ったのは、それまであまり名を知られてこなかった、スペイン 《フミーリャ》 の地のポテンシャルを、 世界に知らしめるグラン・ヴァン を造ろうと集まった三人の男達。 オーストラリアで、醸造コンサルタントとして、なんと、10年のあいだに 4度も《100点満点》を獲得 した、伝説のカルトワイン《スリー・リヴァース・シラーズ》を手掛けた名醸家クリス・リングランド氏。 そして、フミーリャの代表的生産者ミゲル・ヒル氏。更には、アメリカでワイン輸入を行うホルヘ・オルドネーズ氏の 強力タッグ が、数年かけて畑を選び抜き、やっと実現したワインが、エル ニドなのです!
エル ニド 2016 エル ニド 赤ワイン S 人気セール,定番

エル ニド 2016 エル ニド 赤ワイン S 人気セール,定番 —— 17,000円

今すぐ購入
95点! スペイン初のパーカー・ポイント100点を獲得した、テルマンシア2004。 そのワインを手掛けた、 エグーレン家 が『ティンタ・デ・トロのエレガンス』の魅力を引き出すため、 名声を得たテルマンシアを捨て、新たに生み出した のが、トロ地方で手掛ける、テソラ・モンハのアラバスタです。 そのアラバスタ2012年物が、『ワイン・エンスージアスト誌』が2016年に評価したスペイン・ワインの中で… ◆『最高の97点を獲得!』 ◆『BEST OF YEAR 2016』に選出! との朗報が入りました!! ◇ 収量はなんと9hl/ha! テルマンシア2004と同様の少なさ! (現在、彼の手を離れたテルマンシアの収量は3〜4倍だそうです。) ◇テソラ・モンハのブドウは、平均樹齢50年以上、 古いものでは130年以上の古樹! 今回入荷した、2013年物も、負けず劣らずの… 《95点獲得》! 最高を極めた彼らが辿り着いた 『ティンタ・デ・トロのエレガンス』 を味わって下さい!! 葡萄品種:ティンタ・デ・トロ100% 仕立て:ゴブレ 樹齢:125-135年 自根葡萄 収量:9Hl/Ha ※上記は『2012』ヴィンテージについての記述です。 INFORMATIONNameAlabaster Teso La Monjaブドウ品種ティンタ・デ・トロ生産者名テソ・ラ・モンハ産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2017WS94/Issue Oct 15, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
オリジナル袋付き アラバスタ 2013 テソラ モンハ 赤ワイン tp 新作登場,限定SALE

オリジナル袋付き アラバスタ 2013 テソラ モンハ 赤ワイン tp 新作登場,限定SALE —— 12,900円

今すぐ購入
スペインの歴史を変えた1本! フラッグシップ『インペリアル・グラン・レセルバ1994年』は、2004年にご成婚された スペイン・フェリペ皇太子の結婚式 で供されるほど、王国からも認められたワイン。 さらに、ワイン専門誌『ワイン・スペクテイター』では、スペインで初めて、 世界No.1を獲得! (2004年物) まさしく、 スペインの歴史を変えた1本なのです!! 2018年6月上旬、タカムラ・スタッフが現地に出向き、フラッグ・シップの『インペリアル』の畑を見学してきました。 インペリアルに使われるブドウは、『ビジャルバ』『ブリオネス』『トッレ・モンタルボ』の3地域の自社畑ブドウを使用。 同じ地域でも、数メートル離れたところで、砂質や粘土質といった差があり、 味わいに複雑味をもたらします 。土壌の中の石が熱を持ち、冷え込んだ夜でも、保温できるのだとか。 ゴブレ仕立ての畑には、樹齢40年以上の古木が沢山あり、なんと、1本の株から、 インペリアルに使用されるブドウは 、 たった4房! リオハ・ワインの収穫量の規制が6000kg迄に対して、インペリアルは、4000〜4500kgという、厳選された収穫量に抑えられるという徹底振り。 最良のクオリティーで収穫された ブドウは、フレンチオークの大樽で発酵、アメリカンオーク樽とフレンチオーク樽で24ヶ月熟成。瓶内で36ヶ月の熟成を経て、私たちの手元に届きます。 各誌も大絶賛の、インペリアル・グラン・レセルバ。 2009年が、 いい飲み頃になってます♪ INFORMATIONNameImperial Gran Reserva Cuneブドウ品種テンプラニーリョ85%、/グラシアーノ10%/マスエロ5%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アルタRegionSpain/Rioja Alta内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン

クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン —— 6,100円

今すぐ購入
スペインの歴史を変えた1本! フラッグシップ『インペリアル・グラン・レセルバ1994年』は、2004年にご成婚された スペイン・フェリペ皇太子の結婚式 で供されるほど、王国からも認められたワイン。 さらに、ワイン専門誌『ワイン・スペクテイター』では、スペインで初めて、 世界No.1を獲得! (2004年物) まさしく、 スペインの歴史を変えた1本なのです!! 2018年6月上旬、タカムラ・スタッフが現地に出向き、フラッグ・シップの『インペリアル』の畑を見学してきました。 インペリアルに使われるブドウは、『ビジャルバ』『ブリオネス』『トッレ・モンタルボ』の3地域の自社畑ブドウを使用。 同じ地域でも、数メートル離れたところで、砂質や粘土質といった差があり、 味わいに複雑味をもたらします 。土壌の中の石が熱を持ち、冷え込んだ夜でも、保温できるのだとか。 ゴブレ仕立ての畑には、樹齢40年以上の古木が沢山あり、なんと、1本の株から、 インペリアルに使用されるブドウは 、 たった4房! リオハ・ワインの収穫量の規制が6000kg迄に対して、インペリアルは、4000〜4500kgという、厳選された収穫量に抑えられるという徹底振り。 最良のクオリティーで収穫された ブドウは、フレンチオークの大樽で発酵、アメリカンオーク樽とフレンチオーク樽で24ヶ月熟成。瓶内で36ヶ月の熟成を経て、私たちの手元に届きます。 各誌も大絶賛の、インペリアル・グラン・レセルバ。 2009年が、 いい飲み頃になってます♪ INFORMATIONNameImperial Gran Reserva Cuneブドウ品種テンプラニーリョ85%、/グラシアーノ10%/マスエロ5%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アルタRegionSpain/Rioja Alta内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン

クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン —— 6,100円

今すぐ購入
スペインの歴史を変えた1本! フラッグシップ『インペリアル・グラン・レセルバ1994年』は、2004年にご成婚された スペイン・フェリペ皇太子の結婚式 で供されるほど、王国からも認められたワイン。 さらに、ワイン専門誌『ワイン・スペクテイター』では、スペインで初めて、 世界No.1を獲得! (2004年物) まさしく、 スペインの歴史を変えた1本なのです!! 2018年6月上旬、タカムラ・スタッフが現地に出向き、フラッグ・シップの『インペリアル』の畑を見学してきました。 インペリアルに使われるブドウは、『ビジャルバ』『ブリオネス』『トッレ・モンタルボ』の3地域の自社畑ブドウを使用。 同じ地域でも、数メートル離れたところで、砂質や粘土質といった差があり、 味わいに複雑味をもたらします 。土壌の中の石が熱を持ち、冷え込んだ夜でも、保温できるのだとか。 ゴブレ仕立ての畑には、樹齢40年以上の古木が沢山あり、なんと、1本の株から、 インペリアルに使用されるブドウは 、 たった4房! リオハ・ワインの収穫量の規制が6000kg迄に対して、インペリアルは、4000〜4500kgという、厳選された収穫量に抑えられるという徹底振り。 最良のクオリティーで収穫された ブドウは、フレンチオークの大樽で発酵、アメリカンオーク樽とフレンチオーク樽で24ヶ月熟成。瓶内で36ヶ月の熟成を経て、私たちの手元に届きます。 各誌も大絶賛の、インペリアル・グラン・レセルバ。 2009年が、 いい飲み頃になってます♪ INFORMATIONNameImperial Gran Reserva Cuneブドウ品種テンプラニーリョ85%、/グラシアーノ10%/マスエロ5%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アルタRegionSpain/Rioja Alta内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン

クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン —— 6,100円

今すぐ購入
3本限定! 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が立て続けに… 『96点、97点、99点!』 という高評価をし… 『ワインの世界をこれまで以上に面白くする!!』 と大絶賛し、鳴り物入りで登場した《エル・ニド》と、セカンドワイン的な位置付けの、《クリオ》が同時入荷! 年一回で割当ため、 極少量づつ しか入荷しません(涙) 無くなる前にお買い求め下さい! ■生産者のコメント■ 非常に色の濃い濃密なパープル。 下草、野バラ、ミネラル、ブルーベリー、ブラックベリーのアロマ を持つ。 豪華でぜいたくなたっぷりとしたワインで、 非常に濃密 、 うまみにあふれるフレーバー 、大変長い余韻が楽しめる。 INFORMATIONName Clio EL NIDOブドウ品種モナストレル70%/カベルネ・ソーヴィニョン30%生産者名エル・ニド産地スペイン/フミージャRegionSpain/Jumilla内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロバート・パーカー氏も絶賛! 『ワインの世界を これまで以上に面白くする !』 2002年に初登場するやいなや、ロバート・パーカー氏が… 『96点!』 という高評価をし… ■ ロバート・パーカー氏の評価 ■ ・『 びっくりする程、凄い 』 ・『 なんとしても 味わわなくてはいけない』 ・『 ワインの世界をこれまで以上に面白くする !! 』 と大絶賛したという、 鳴り物入りで登場した スペインの 新スター《エル ニド》! その後も… 2003年物:97点 2004年物:99点 という高評価を獲得! 彼らの 実力が本物 であることを証明した訳ですが、あの スペイン3ツ星レストラン《サン・パウ》 でもオンリストされるなど、 《ウニコ》 や 《レルミタ》 、 《ピングス》 などと共に、スペインの最高峰ワインの1つとして、世界から認められる存在となってます。 そんなワインを造ったのは、それまであまり名を知られてこなかった、スペイン 《フミーリャ》 の地のポテンシャルを、 世界に知らしめるグラン・ヴァン を造ろうと集まった三人の男達。 オーストラリアで、醸造コンサルタントとして、なんと、10年のあいだに 4度も《100点満点》を獲得 した、伝説のカルトワイン《スリー・リヴァース・シラーズ》を手掛けた名醸家クリス・リングランド氏。 そして、フミーリャの代表的生産者ミゲル・ヒル氏。更には、アメリカでワイン輸入を行うホルヘ・オルドネーズ氏の 強力タッグ が、数年かけて畑を選び抜き、やっと実現したワインが、エル ニドなのです!
クリオ 2016 エル ニド 赤ワイン S 人気,HOT

クリオ 2016 エル ニド 赤ワイン S 人気,HOT —— 5,800円

今すぐ購入
絶滅危機を救った! 元々補助品種として使用されてきた 『グラシアーノ』 。 栽培が難しく、採算性も悪いため、 絶滅危機 にさらされていたところ、スペインで初めて100%で作ったのが、コンティノと言われてます。 なんと… 『年間平均生産量6000本!』 決して安くはないですが、 超貴重な、グラシアーノ100% のワインが、ここにあります! 『ワイン・アドヴォケイト誌 91点!』 (#226.31st Aug 2016) 濃縮した 真紫の色 にも注目! 飲みごたえたっぷり で、現地で食べた ラムチョップ と相乗効果で旨さ倍増してました! 伝統を守り、この土地ならではの、土壌とブドウのポテンシャルを、拘りとともに成長しているコンティノは、 今後の活躍にも期待です! INFORMATIONNameContino Gracianoブドウ品種グラシアーノ100%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アラベサRegionSpain/Rioja Alavesa内容量750mlWA91/Issue 31st Aug 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン

コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン —— 11,200円

今すぐ購入
絶滅危機を救った! 元々補助品種として使用されてきた 『グラシアーノ』 。 栽培が難しく、採算性も悪いため、 絶滅危機 にさらされていたところ、スペインで初めて100%で作ったのが、コンティノと言われてます。 なんと… 『年間平均生産量6000本!』 決して安くはないですが、 超貴重な、グラシアーノ100% のワインが、ここにあります! 『ワイン・アドヴォケイト誌 91点!』 (#226.31st Aug 2016) 濃縮した 真紫の色 にも注目! 飲みごたえたっぷり で、現地で食べた ラムチョップ と相乗効果で旨さ倍増してました! 伝統を守り、この土地ならではの、土壌とブドウのポテンシャルを、拘りとともに成長しているコンティノは、 今後の活躍にも期待です! INFORMATIONNameContino Gracianoブドウ品種グラシアーノ100%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アラベサRegionSpain/Rioja Alavesa内容量750mlWA91/Issue 31st Aug 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン

コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン —— 11,200円

今すぐ購入
絶滅危機を救った! 元々補助品種として使用されてきた 『グラシアーノ』 。 栽培が難しく、採算性も悪いため、 絶滅危機 にさらされていたところ、スペインで初めて100%で作ったのが、コンティノと言われてます。 なんと… 『年間平均生産量6000本!』 決して安くはないですが、 超貴重な、グラシアーノ100% のワインが、ここにあります! 『ワイン・アドヴォケイト誌 91点!』 (#226.31st Aug 2016) 濃縮した 真紫の色 にも注目! 飲みごたえたっぷり で、現地で食べた ラムチョップ と相乗効果で旨さ倍増してました! 伝統を守り、この土地ならではの、土壌とブドウのポテンシャルを、拘りとともに成長しているコンティノは、 今後の活躍にも期待です! INFORMATIONNameContino Gracianoブドウ品種グラシアーノ100%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アラベサRegionSpain/Rioja Alavesa内容量750mlWA91/Issue 31st Aug 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン

コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン —— 11,200円

今すぐ購入
白も、気合い入ってます! スペインの高級ワイン産地 、リオハで、 単一畑の先駆者的存在 『コンティノ』。 現地でお会いした、テクニカル・マネージャーのホルヘさん曰く… 『スペインでの白ワイン消費量が上がっているので、 今まで以上に白ワインに注力する 。』 と、コンティノの自社畑に生きるブドウを信じて、 拘りを持ったワイン造り に挑戦し続けてます。 この白ワインは、古株から出来る伝統品種を3種類使い、 上品で華やかなワイン に仕上がってます。 長期熟成 にも期待が持てます! INFORMATIONNameContino Blanco Cuneブドウ品種ビウラ80%/ガルナッチャ・ブランカ15%/マルヴァジア5%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アラベサRegionSpain/Rioja Alavesa内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
コンティノ ブランコ 2015 コンティノ クネ 白ワイン